午後から雨になるでしょう

『アンダンテ』web写真展

 

さて、ゴゴアメ公演恒例のweb写真展を開催いたします。右のメニューボタンの「ゴゴアメ#10写真展」をクリック、またはこちらからご覧ください。

 

今回は会場に展示した本田光さんの作品も掲載いたしましたので、当日ゆっくりご覧になれなかった方、また来られなかった方もぜひ!

絵のようなすてきな写真です。フライヤーの写真と連作のような感じで、フィルムの穴が映っています。ただしフライヤーの写真は以前ここで書いたようにスプロケットロケットというおもちゃカメラで撮ったものですが、こちらの三作品はより狙いを出すために、別のカメラでフィルム穴が写りこむように(つまりわざわざ)工夫して撮っているそうです。

そして実は「アンダンテ」で上演した短編三作品にそれぞれイメージを寄せて頂いています。

左『クライマガコと夏の霜』、真ん中『スリッパ! スリッパ!』、右は新作『サンデー、サンデー』(上演順とは異なります)

といっても、朗読を聴きながら想像していくたのしみを邪魔しないように、そのもの、ではないようにと考えてくださったものです。光さんの中の連想、記憶、というところでしょうか。

 

今回は照明も音楽もなしでシンプルに朗読のみを聴いて頂こうと考えましたが、実際、お客様がどう感じられるかとどきどきでした。

あっと言う間の一時間でした、というお声をたくさん頂いて、ほっとしました。役者たちのおかげです。

会場ミレートスさんにある素晴らしくいいピアノを、演奏というのではなく、明日香に朗読の一部のように、語りのように、と弾いてもらいましたが、これもどきどきで、ピアノよかったと感想頂いてすごーくうれしかったです。

あの和音や、短いメロディは明日香が作ったものです。

それが最後にドビュッシーの「月の光」になるのはわたしのアイディアです。作中の、記憶のなかの小学校の廊下に合うような曲で、なおかつ、あとから出てくる月光に重なる曲を、と思って。

わたしはピアノ弾けないのでこの曲に決めてから知ったのですが、「月の光」の楽譜には「アンダンテ トレ エクスプレシフ」(ゆっくりと感情豊かに)とあるのですね。

呼ばれたみたいに、こんなふうに重なっていくことがあるのは、ものづくりのたのしいところで、そんなたのしみも実に久しぶり、でした。

 

朗読三作品についてはもう少しだけ、このブログで触れてみたいと思っております。

また覗きに来てねー!


吉永亜矢(2022年11月15日) カテゴリー:

無事、終演いたしました

 

ゴゴアメ朗読公演『アンダンテ』10月29日(土)1日だけの公演、無事終演いたしました。

写真は前日のゲネから。出演者の三名、左から浅倉万莉藻、大政明日香、真美子。撮影は本田光さん。

ご来場頂いたみなさま、ほんとうにありがとうございました!

暖かい拍手に胸がいっぱいになりました。

 

この小さな公演にご協力頂いた方々、応援してくださった方々、直接、間接的に関わってくださったすべてのみなさまに心より感謝いたします。

また今回、ご案内できなかったみなさまに来年はお会いしたいと思っております。

ゴゴアメのことを、頭の片隅にでも覚えていてくださるとうれしいです。

 

SNSに感想を書いてくださったり、アンケートをお送り頂いたみなさま、ありがとうございます!

読み応えのある感想がたくさんで、たのしく、うれしく読ませていただいております。

一人ひとりの心のなかに生まれた物語や、泡のように浮かんだ記憶のことを思うこの時間が、わたしは一番、好きです。

当日チラシに載せたQRコードよりアンケートフォームにアクセスできます。まだまだアンケート、お待ちしております。一言でもいただけましたら幸いです。

 

おって振り返り雑記も書きたいと思っていますので、よかったらまたこちらを覗きにいらしてください。

公演のWEB写真展も掲載しようと思っております。

きょうは一日、ふとんのなかの吉永でした! いや~! よかった無事にできて!!!

 


吉永亜矢(2022年10月30日) カテゴリー:

本日、開幕!

画像は会場ミレートスへの道案内です。

本日29日(土)、14時の回、18時の回、お待ちしております!

 

きれいな会場に本田光さんの写真の展示で、とてもすてきな空間になっております。

 

換気しておりますので少し、冷えるかもしれません。

羽織り物や膝掛けなどお持ちいただくと良いと思います。

また場内はご飲食ができませんので、小腹は満たしてからいらしてくださいね。広尾はカフェもたくさんありますし。

 

受付・開場は開演時間の30分前です。

開演を過ぎますとすぐにご入場ができない場合がございます。

なるべくお早めにお越しください。

 

本田光さんの写真と、キャスト大政明日香、浅倉万莉藻、真美子の3人が織りなす、2022年のこの日この時にしかできない、いまだけの、熱々の朗読会です。

どうかご期待ください。


吉永亜矢(2022年10月29日) カテゴリー:

今週29日土曜、開幕です

 

公演1週間前となりました。チケットはマチネ・ソワレ共にご予約で満席となりました。

こちらのweb予約を終了いたしました。

なお本公演は予約のみ、当日券はございませんのでご了承ください。

 

今後キャンセルが出る場合もございますので、よろしければ関係者あて、またはこちらからお問い合わせください。

ご予約いただいたみなさま、ありがとうございました! ご検討くださったみなさまにも感謝いたします。

 

さて今回の出演者をご紹介いたします!

写真左から、真美子、大政明日香、浅倉万莉藻。

♫うちら陽気な、かしましおっばっちゃ~ん、という感じで(失礼かな?)今回、1日限りのミニ公演のため少数精鋭隊でお送りします。

ゴゴアメは劇団ではなく、毎回メンバーを募るプロデュース公演の形をとっているのですが、明日香とはこの朗読公演を、おばあちゃんになっても続けよう、と一緒に始めた、相棒です。

「ライフワーク」という言葉は自分はなんだか恥ずかしいのですが、明日香は胸を張って言っていてそんな姿勢をわたしはとても尊敬しています。

SNS見ると、おばかっぽく振る舞っていますが、頭のいい人ですからみんな、気をつけて!(なにに?)

今回は明日香にお願いしたちょっと特別な演出もあり、おたのしみに。

 

あなたのまり、浅倉万莉藻は朗読2回目から毎回参加してもらっており、もはやゴゴアメの屋台骨です。

その声、その存在感は唯一無二で、多くのひとを魅了してきたと思います。

今回はまりの出演作品のなかでも、お客様のなかから好き、という声が多かった「クライマガコと夏の霜」を再演。

わたしもこの作品のまりが大好きです。(コッソリ言うと、冷静と情熱の間で揺れる感じがします……)

 

そして真美子。参加としては一番、新しい仲間でありながら、いまはすごく昔から一緒にやってきたような気が、わたしは勝手にしています。

真面目でしっかり者の頼れる方ですが、わたしはなぜか彼女にすっとぼけた役などをやってもらいたくなる。

今回は、そこまでコミカルな作品ではないのですが、でも彼女の声を聴いていると、やさしい気持ちになって微笑みたくなります。きっとわたしだけではないはず。

 

以上三名、会場にては今回、受付スタッフを兼任してみなさまをお迎えいたします。

感染対策上、お喋りはできませんが、家に遊びに来てもらうようにお迎えしたい、とみんなで話しております。

 

みなさまのご来場、こころよりお待ちしております!

 


吉永亜矢(2022年10月23日) カテゴリー:

新型コロナ感染予防対策について

 

「アンダンテ」公演における新型コロナ感染予防対策についてのご案内を掲載いたしました。

上のバナー、またはこちらをクリックしてお読みください。

お客様にお願いごとが多くたいへん申し訳ありませんが、ご一読のうえ、ご協力頂けますようよろしくお願いいたします。

 

 

 

 


吉永亜矢(2022年10月18日) カテゴリー:
PAGE TOP ▲