午後から雨になるでしょう

12月になりますね、チケット発売中です

 

午後から雨になるでしょうプロデュース 朗読公演

「クライマガコ、宵をゆけば」

2019年12月13日(金)~15日(日) APOCシアター http://apoc-theater.net/

タイムテーブル、チケット予約についてはこちらをご覧ください。

 

ご予約頂きましたみなさま、ありがとうございます!

いよいよ明日から12月ですねー! 忘年会やイベントやお仕事……みなさまお忙しいと思いますがなにとぞ。まだまだご予約、お待ちしております……!

 

街はすっかりクリスマスですね。

ツリーを見上げながら稽古に通う日々です。これがわたし……イルミネーションやツリーを見るたび、こう、せかされるような、胸が締めつけられるような感じがするんですよ、たぶん、去年から。

去年のいまごろ母の具合が悪く、施設入所に至るまで激しい日々だったせいだと思います。

きっとわたしの『クリスマス感性』(なにそれ)が変わってしまったのだなぁ、と。

でも、きれいだな、とは思うのですけどね。だから、大丈夫です(なにが)。

 

ゴゴアメ朗読公演は、毎回、公演時期の季節感を大事にしてやってきたつもりで。

でもいままで「冬」というのはやってなかったのです。

朗読にはけっこうやりにくい時期だと思っていて。乾燥するし、芝居と違って、一人の役者さんが長いこと喉を使いますから……

それで今年、キャスト、スタッフのスケジュール調整で12月公演にするしかないかとなったとき、ひと悩みしましたが(お客様にとっても忙しい時期だし)、でも、このクリスマス前の時期の、街のきれいな季節感をとりいれられるのはいいな、一度、やりたかったんだよなあと思いまして。

と、わたしが話すとスタッフの方々にちょいちょい、

「クリスマスって意識しますか?」

「クリスマス……話に入れます?」

と聞かれました。意外ですかね、ゴゴアメのクリスマス。

「大人のクリスマスですね、きっと」と言ってくださった方に背中を押され、クリスマス直接関係ないけど、真冬の澄んだ空気や遠い空や、街を彩るカラフルな色を、声にのせて。お届けしたいなと思っております。

大政明日香、浅倉万莉藻、真美子、村井美波子、木村淳、5人の出演者、それぞれとてもすてきな声です。

それぞれ、色がある。その色が混ざり合って溶け合ったら、どんな色になるか……

ぜひ、聴きにいらしてくださいませ。

出演者一同、劇場にてみなさまにお会いできること、心よりたのしみにしております。

 


吉永亜矢(2019年11月30日) カテゴリー: